阿波野青畝

  1. 山又山山桜又山桜 阿波野青畝【季語=山桜(春)】

    山又山山桜又山桜阿波野青畝先週末、初めて奈良県・吉野山へ花見に行ってきた。近鉄特急は全て予約満席だったので、神戸から車で向かった(片道の所要時間2時間程度)。吉野山の玄関口、「下千本」は既に葉桜にな…

  2. 黒き魚ひそみをりとふこの井戸のつめたき水を夏は汲むかも 高野公彦

    黒き魚ひそみをりとふこの井戸のつめたき水を夏は汲むかも高野公彦…

  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第33回】葛城山と阿波野青畝

    【第33回】葛城山と阿波野青畝広渡敬雄(「沖」「塔の会」)…

  4. ゆげむりの中の御慶の気軽さよ 阿波野青畝【季語=御慶(新年)】

    ゆげむりの中の御慶の気軽さよ阿波野青畝新年明けましておめで…

  5. へたな字で書く瀞芋を農家売る 阿波野青畝【季語=山芋(秋)】

    へたな字で書く瀞芋を農家売る阿波野青畝「瀞芋」には「とろい…

おすすめ記事

  1. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年8月分】
  2. 柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺 正岡子規【季語=柿(秋)】
  3. 気を強く春の円座に坐つてゐる 飯島晴子【季語=春(春)】
  4. 田を植ゑるしづかな音へ出でにけり 中村草田男【季語=田植(夏)】
  5. 【春の季語】初花

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第69回】山岸由佳
  2. お障子の人見硝子や涅槃寺 河野静雲【季語=涅槃寺(春)】
  3. 【#37】『愛媛 文学の面影』三部作受賞と愛媛新聞の高橋正剛さん
  4. 【夏の季語】万緑
  5. イエスほど痩せてはをらず薬喰 亀田虎童子【季語=薬喰(冬)】
PAGE TOP