離れる

  1. 武具飾る海をへだてて離れ住み 加藤耕子【季語=武具飾る(夏)】

    武具飾る海をへだてて離れ住み加藤耕子本日5月5日は「端午の節句」。日本において男児の健やかな成長を願う日であり、男児をもつ家族にとってはとても重要であり、男児にとっては楽しい節句。ちょうど女児にとっ…

  2. 水の地球すこしはなれて春の月 正木ゆう子【季語=春の月(春)】

    水の地球すこしはなれて春の月正木ゆう子わたしたち人類をはじ…

  3. 瀧壺を離れし水に歩を合はす 藤木倶子【季語=滝(夏)】

    瀧壺を離れし水に歩を合はす 藤木倶子「滝壺」へと落ちた滝の…

おすすめ記事

  1. 桐咲ける景色にいつも沼を感ず 加倉井秋を【季語=桐の花(夏)】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第117回】北村皆雄
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第37回】朽木直
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第75回】近江文代
  5. 芹と名がつく賑やかな娘が走る 中村梨々【季語=芹(春)】 

Pickup記事

  1. 【新年の季語】獅子舞
  2. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第3回】
  3. ロボットの手を拭いてやる秋灯下 杉山久子【季語=秋灯下(秋)】
  4. 【秋の季語】鵙の贄
  5. 潮の香や野分のあとの浜畠 齋藤俳小星【季語=野分(秋)】
PAGE TOP