青柳飛

  1. 魚は氷に上るや恋の扉開く 青柳飛【季語=魚氷に上る(春)】

    魚は氷に上るや恋の扉開く青柳飛(「天為」) 俳人の間で「歳時記カレンダー」(株式会社シーガル)が流行っている。季節ごとの行事や動植物が絵入りで掲載されており、旧暦の記載もある。そして二十四節気七十二…

  2. シゴハイ【第2回】青柳飛(会議通訳)

    【俳人ロングインタビュー】【第2回】青柳飛(会議通訳・俳人)セクト…

  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第3回】青柳飛

    The Milky Way Pub青柳飛(「秋」「天為」同人)銀漢亭は私に…

おすすめ記事

  1. 一瞬で耳かきを吸う掃除機を見てしまってからの長い夜 公木正
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第55回】 甲府盆地と福田甲子雄
  3. あきかぜの疾渡る空を仰ぎけり 久保田万太郎【季語=秋風(秋)】
  4. 【冬の季語】浮寝鳥
  5. 手を敷いて我も腰掛く十三夜 中村若沙【季語=十三夜(秋)】

Pickup記事

  1. 【秋の季語】秋山
  2. 【冬の季語】年逝く(年行く)
  3. 秋櫻子の足あと【第1回】谷岡健彦
  4. 恐るべき八十粒や年の豆 相生垣瓜人【季語=年の豆(冬)】
  5. 炎天を山梨にいま来てをりて 千原草之【季語=炎天(夏)】
PAGE TOP