静か

  1. はなびらの垂れて静かや花菖蒲 高浜虚子【季語=花菖蒲(夏)】

    はなびらの垂れて静かや花菖蒲 高浜虚子一幅の日本画のように切り取られた花菖蒲の美しさ。風もなく、静止したはなびらが虚空に浮かぶ。花菖蒲はあやめやかきつばたに比べてはなびらが大きいので、「垂れ…

  2. 天体のみなしづかなる草いきれ 生駒大祐【季語=草いきれ(夏)】

    天体のみなしづかなる草いきれ生駒大祐炎熱のなかの「草いきれ…

おすすめ記事

  1. 海鼠切りもとの形に寄せてある 小原啄葉【季語=海鼠(冬)】
  2. 春雷の一喝父の忌なりけり 太田壽子【季語=春雷(春)】
  3. 【冬の季語】冬木の芽
  4. 誰もみなコーヒーが好き花曇 星野立子【季語=花曇(春)】
  5. 好きな樹の下を通ひて五月果つ 岡崎るり子【季語=五月果つ(夏)】

Pickup記事

  1. 【夏の季語】夏の果/夏果つ 夏終る 夏行く 行夏 夏逝く 夏惜しむ
  2. 【書評】柏柳明子 第2句集『柔き棘』(紅書房、2020年)
  3. 男色や鏡の中は鱶の海 男波弘志【季語=鱶(冬)】
  4. 嫁がねば長き青春青蜜柑 大橋敦子【季語=青蜜柑(秋)】
  5. でで虫の繰り出す肉に遅れをとる 飯島晴子【季語=でで虫(夏)】
PAGE TOP