髙柳克弘

  1. 木犀や同棲二年目の畳 髙柳克弘【季語=木犀(秋)】

    木犀や同棲二年目の畳髙柳克弘(『未踏』) 「神田川」という歌は私が生まれる前にヒットした曲である。若き男女がつつましく暮らす三畳一間の下宿からは、神田川が見える。しかも風呂なし。私が東京でひとり暮ら…

  2. 秋灯の街忘るまじ忘るらむ 髙柳克弘【季語=秋灯(秋)】

    秋灯の街忘るまじ忘るらむ)髙柳克弘 「赤いスイートピー」の…

  3. 年玉受く何も握れぬ手でありしが 髙柳克弘【季語=年玉(新年)】

    年玉受く何も握れぬ手でありしが)髙柳克弘(『俳壇』2022年1月号))…

おすすめ記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第40回】 青山と中村草田男
  2. 「野崎海芋のたべる歳時記」ほたるいかの酢味噌和え
  3. 秋草のはかなかるべき名を知らず 相生垣瓜人【季語=秋草(秋)】
  4. 【連載】新しい短歌をさがして【11】服部崇
  5. 三月の旅の支度にパスポート 千原草之【季語=三月(春)】

Pickup記事

  1. 夏至白夜濤たちしらむ漁港かな 飯田蛇笏【季語=夏至白夜(夏)】
  2. 眼のなれて闇ほどけゆく白牡丹 桑田和子【季語=白牡丹(夏)】
  3. 【夏の季語】蛍/初蛍 蛍火 蛍売
  4. きりぎりす飼ふは死を飼ふ業ならむ 齋藤玄【季語=螽蟖(秋)】
  5. 幼子の手の腥き春の空 飯島晴子【季語=春の空(春)】
PAGE TOP