鬼やらい

  1. 【冬の季語】鬼やらい

    【冬の季語=晩冬(2月)】鬼やらい「節分」に「豆を撒く」こと。動詞的に「鬼やらう」として使うこともある。歴史的仮名遣いだと「鬼やらひ」。【鬼やらい(上五)】赤鬼は日本の鬼…

  2. 【冬の季語】鬼やらう

    【冬の季語=晩冬(2月)】鬼やらう「節分」に「豆を撒く」こと。名詞…

  3. 【冬の季語】豆撒く

    【冬の季語=晩冬(2月)】豆撒く(豆を撒く)「節分」に「豆を撒く」こと。「…

  4. 【冬の季語】豆撒

    【冬の季語=晩冬(2月)】豆撒「節分」に「豆を撒く」こと。「鬼やらひ」とも…

おすすめ記事

  1. 【第5回】ワイキキや黴臭きものなにもなし/千野千佳
  2. くれなゐの花には季なし枕もと 石川淳【無季】
  3. 天狼やアインシュタインの世紀果つ 有馬朗人【季語=天狼(冬)】
  4. 「パリ子育て俳句さんぽ」【7月16日配信分】
  5. 【冬の季語】探梅行

Pickup記事

  1. 秋蝶のちひさき脳をつまみけり 家藤正人【季語=秋蝶(秋)】
  2. かなしきかな性病院の煙出 鈴木六林男
  3. 鶴の来るために大空あけて待つ 後藤比奈夫【季語=鶴来る(秋)】
  4. 【春の季語】夜桜
  5. 【冬の季語】ストーブ
PAGE TOP