鮮やかな

  1. 叩頭すあやめあざやかなる方へ 飯島晴子【季語=あやめ(夏)】

    叩頭すあやめあざやかなる方へ)飯島晴子 掲句の収められている『春の蔵』には〈献身やあやめをざつと見渡して〉という句もあるが、比べるとどうだろうか。 まず、上五の「叩頭」と「献身」。「献身」の…

おすすめ記事

  1. 【春の季語】浅蜊
  2. べつたら市糀のつきし釣貰ふ 小林勇二【季語=べつたら市(秋)】
  3. おとつさんこんなに花がちつてるよ 正岡子規【季語=花散る(春)】
  4. 【夏の季語】蜘蛛の糸
  5. みちのくに戀ゆゑ細る瀧もがな 筑紫磐井【季語=滝(夏)】

Pickup記事

  1. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【19】/鈴木淳子(「銀漢」同人)
  2. 「体育+俳句」【第4回】三島広志+ボクシング
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第37回】朽木直
  4. 初花や竹の奥より朝日かげ    川端茅舎【季語=初花(春)】
  5. 春惜しみつゝ蝶々におくれゆく   三宅清三郎【季語=春惜む・蝶々(春)】
PAGE TOP