鳥居三朗

  1. 菊食うて夜といふなめらかな川 飯田晴【季語=菊(秋)】

    菊食うて夜といふなめらかな川飯田晴先週、句集の手触りの話をしたけれど、もちろんどの句集にも手触りはあります。もっと踏み込むと、読み心地ともいえるかもしれません。編年体か、作者の思い入れのある…

おすすめ記事

  1. 山茶花のくれなゐひとに訪はれずに 橋本多佳子【季語=山茶花(冬)】
  2. 【春の季語】春の月
  3. 風光りすなはちもののみな光る 鷹羽狩行【季語=風光る(春)】
  4. 【夏の季語】キャンプ/テント バンガロー キャンプ村 キャンプ場 キャンプファイヤー バーベキュー
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第92回】行方克巳

Pickup記事

  1. ロボットの手を拭いてやる秋灯下 杉山久子【季語=秋灯下(秋)】
  2. おなじ長さの過去と未来よ星月夜 中村加津彦【季語=星月夜 (秋)】
  3. 悲しみもありて松過ぎゆくままに 星野立子【季語=松過(新年)】
  4. 【#26-3】愛媛県南予地方と宇和島の牛鬼(3)
  5. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第2回】
PAGE TOP