鳴戸奈菜

  1. 青大将この日男と女かな 鳴戸奈菜【季語=青大将(夏)】

    青大将この日男と女かな鳴戸奈菜(『イヴ』) 青大将は、蝮とともに日本人には馴染みのある蛇である。大将と呼ばれるだけあって、太いし長い。蛇は、古代より神の化身であった。『古事記』の八岐大蛇(やまたのお…

  2. 星老いる日の大蛤を生みぬ 三枝桂子【季語=蛤(春)】

    星老いる日の大蛤を生みぬ)三枝桂子)「ネガティヴ・ケイパビ…

おすすめ記事

  1. 【夏の季語】砂日傘/ビーチパラソル 浜日傘
  2. こんな本が出た【2021年2月刊行分】
  3. 鶯や米原の町濡れやすく 加藤喜代子【季語=鶯(春)】
  4. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第3回】
  5. 切腹をしたことがない腹を撫で 土橋螢

Pickup記事

  1. 【連載】新しい短歌をさがして【14】服部崇
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第8回】鈴木てる緒
  3. 除草機を押して出会うてまた別れ 越野孤舟【季語=除草機(夏)】
  4. デパートの旗ひらひらと火事の雲 横山白虹【季語=火事(冬)】
  5. シャボン玉吹く何様のような顔 斉田仁【季語=石鹸玉(春)】
PAGE TOP