1909年生まれ

  1. いつ渡そバレンタインのチョコレート 田畑美穂女【季語=バレンタインチョコ(春)】

    いつ渡そバレンタインのチョコレート田畑美穂女新入社員だった30年前、バレンタインの日にたくさんのチョコレートをもらった。添え書きに、「女性社員一同、いつもお世話になり、ありがとうございます」とポスト…

  2. ぐじやぐじやのおじやなんどを朝餉とし何で残生が美しからう 齋藤史

    ぐじやぐじやのおじやなんどを朝餉とし何で残生が美しからう齋藤史…

  3. 美校生として征く額の花咲きぬ 加倉井秋を【季語=額の花(夏)】

    美校生として征く額の花咲きぬ)加倉井秋を)ウクライナ情勢を…

  4. 新綠を描くみどりをまぜてゐる 加倉井秋を【季語=新綠(夏)】

    新綠を描くみどりをまぜてゐる)加倉井秋を)秋をは相当な秀才…

  5. 葉桜の夜へ手を出すための窓 加倉井秋を【季語=葉桜(夏)】

    葉桜の夜へ手を出すための窓)加倉井秋を)何をしていたのだろ…

  6. 桐咲ける景色にいつも沼を感ず 加倉井秋を【季語=桐の花(夏)】

  7. 田螺容れるほどに洗面器が古りし 加倉井秋を【季語=田螺(春)】

おすすめ記事

  1. 針供養といふことをしてそと遊ぶ 後藤夜半【季語=針供養(春)】
  2. 【冬の季語】蓮根掘る
  3. 【夏の季語】梅雨の月
  4. 【新連載】新しい短歌をさがして【1】服部崇
  5. 【夏の季語】涼しい

Pickup記事

  1. ラグビーのジヤケツの色の敵味方 福井圭児【季語=ラグビー(冬)】
  2. 【冬の季語】雪降る
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第119回】木戸敦子
  4. 【春の季語】二月
  5. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年6 月分】
PAGE TOP