1957年生まれ

  1. 抱きしめてもらへぬ春の魚では 夏井いつき【季語=春の魚(春)】

    抱きしめてもらへぬ春の魚では夏井いつき(『伊月集』)春の魚というと鰊(にしん)や公魚(わかさぎ)、桜鯛などが思い浮かぶ。確かに抱きしめるほどの大きさではない。鰆(さわら)になると1メートルを超すこと…

  2. 無駄足も無駄骨もある苗木市 仲寒蟬【季語=苗木市(春)】

    無駄足も無駄骨もある苗木市仲寒蟬2Fのカウンター席から駅通…

  3. 結婚は夢の続きやひな祭り 夏目雅子【季語=雛祭(春)】

    結婚は夢の続きやひな祭り)夏目雅子桑田佳祐のベストアルバム…

  4. 血を分けし者の寝息と梟と 遠藤由樹子【季語=梟(冬)】 

    血を分けし者の寝息と梟と)遠藤由樹子残念ながら、いまだ野生…

  5. 潜り際毬と見えたり鳰 中田剛【季語=鳰(冬)】 

    潜り際毬と見えたり鳰)中田剛鳰は、ほぼ全国で見ることができ…

  6. 甘き花呑みて緋鯉となりしかな 坊城俊樹【季語=緋鯉(夏)】

おすすめ記事

  1. 【春の季語】春寒し
  2. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年8月分】
  3. 「野崎海芋のたべる歳時記」パテ・ド・カンパーニュ
  4. 義士の日や途方に暮れて人の中 日原傳【季語=義士の日(冬)】
  5. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年5月分】

Pickup記事

  1. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#13
  2. 【冬の季語】雪掻く
  3. 【春の季語】春月
  4. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第6回】
  5. 【連載】歳時記のトリセツ(7)/大石雄鬼さん
PAGE TOP