1965年没

  1. 山桜見て居ればつく渡舟かな 波多野晋平【季語=山桜(春)】

    山桜見て居ればつく渡舟かな波多野晋平「大変、申し訳ございません」 新年度早々にクレームが発生し、お詫びの行脚である。場所は京都府亀岡。京都駅からJR嵯峨野線に乗り、約20分のところにある。途…

  2. 雁かへる方や白鷺城かたむく 萩原麦草【季語=雁帰る(春)】

    雁かへる方や白鷺城かたむく萩原麦草3月最後の金曜日である。…

おすすめ記事

  1. 嵐の埠頭蹴る油にもまみれ針なき時計 赤尾兜子
  2. 【夏の季語】噴水
  3. 【書評】吉田林檎『スカラ座』(ふらんす堂、2019年)
  4. 秋の風互に人を怖れけり 永田青嵐【季語=秋の風(秋)】
  5. 忽然と昭和をはりぬ夕霧忌 森竹須美子【季語=夕霧忌(冬)】

Pickup記事

  1. 命より一日大事冬日和 正木ゆう子【季語=冬日和(冬)】
  2. 目薬の看板の目はどちらの目 古今亭志ん生
  3. 初燈明背にあかつきの雪の音 髙橋千草【季語=初燈明(新年)】 
  4. 【春の季語】春の雪
  5. 受賞者の一人マスクを外さざる 鶴岡加苗【季語=マスク(冬)】
PAGE TOP