1990年没

  1. ひかり野へきみなら蝶に乗れるだろう 折笠美秋【季語=蝶(春)】

    ひかり野へきみなら蝶に乗れるだろう折笠美秋(『君なら蝶に』)掲句はおそらくこの作家のもっとも人口に膾炙する代表句であり、第二句集『君なら蝶に』(1986年12月立風書房刊)のタイトルにもなっている。…

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】冬来たる(冬来る)
  2. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第2回】石田波郷と写真と俳句
  3. 【秋の季語】秋高し
  4. 干されたるシーツ帆となる五月晴 金子敦【季語=五月晴(夏)】
  5. 逢へば短日人しれず得ししづけさも 野澤節子【季語=短日(冬)】

Pickup記事

  1. 【夏の季語】シャワー
  2. 【夏の季語】梅雨の月
  3. 梅ほつほつ人ごゑ遠きところより 深川正一郎【季語=梅 (春)】
  4. 蝦夷に生まれ金木犀の香を知らず 青山酔鳴【季語=金木犀(秋)】 
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第64回】城島徹
PAGE TOP