連載・よみもの

「野崎海芋のたべる歳時記」カオマンガイ


カオマンガイ

Riz au poulet hainanais


前回投稿したわが家の蒸し鶏は、蒸し汁も余さず使います。フォーのスープや、鶏だし茶漬けなど、いろいろに活用できるのですが、よく作るのが「カオマンガイ」です。

タイ語で「カオ」はご飯、「ガイ」は鶏肉という意味なのだそう。シンガポールの「海南鶏飯」、インドネシアの「ナシアヤム」など、東南アジア各国によく似た料理があり、いずれも海南島出身の華僑がルーツのようですね。

蒸し汁で炊いたご飯に、蒸し鶏を添えて食べるチキンライス。炊飯器にパクチーの根っこと皮付きのにんにくも一緒に入れるのがわが家流です。炊きあがったらにんにくは潰して皮を取り除き、ご飯に混ぜてしまいます。

ソースは醤油+オイスターソース、葱+塩+レモン、市販のスイートチリなどを用意して、各自好みでかけながら食べます。私はパクチーたっぷりと、フライドオニオンも添えるのが好きです。タイのシンハービールにも、よく合いますよ。

世を隔て人を隔てて梅雨に入る  高野素十

季語【入梅】【梅雨入】【麦酒】【ビール】

*本記事は野崎海芋さんのInstagram( @kaiunozaki )より、ご本人の許可を得て、転載させていただいております。本家インスタもぜひご覧ください。


【執筆者プロフィール】
野崎 海芋(のざき・かいう)
フランス家庭料理教室を主宰。 「澤」俳句会同人、小澤實に師事。平成20年澤新人賞受賞。平成29年第一句集『浮上』上梓。俳人協会会員。



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 秋櫻子の足あと【第8回】谷岡健彦
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第27回】熊本・江津湖と中村…
  3. 秋櫻子の足あと【第3回】谷岡健彦
  4. 「野崎海芋のたべる歳時記」エゾシカのロースト
  5. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#17
  6. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第10回(最終回)
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第16回】仲野麻紀
  8. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第4回】

おすすめ記事

  1. 黴くさし男やもめとなりてより 伊藤伊那男【季語=黴(夏)】
  2. 【新年の季語】読初
  3. 朝顔の数なんとなく増えてゐる 相沢文子【季語=朝顔(秋)】
  4. ときじくのいかづち鳴つて冷やかに 岸本尚毅【季語=冷やか(秋)】
  5. 長き夜の四人が実にいい手つき 佐山哲郎【季語=長き夜 (秋)】
  6. 秋草の揺れの移れる体かな 涼野海音【季語=秋草(秋)】
  7. 【秋の季語】秋山
  8. 手の甲に子かまきりをり吹きて逃す 土屋幸代【季語=子かまきり(夏)】
  9. 怒濤聞くかたはら秋の蠅叩 飯島晴子【季語=秋(秋)】
  10. 【夏の季語】サングラス

Pickup記事

  1. 跳ぶ時の内股しろき蟇 能村登四郎【季語=蟇(夏)】
  2. Tシャツの干し方愛の終わらせ方 神野紗希【季語=Tシャツ(夏)】
  3. 麦からを焼く火にひたと夜は来ぬ 長谷川素逝【季語=麦からを焼く?】
  4. 【冬の季語】枇杷の花
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第57回】卓田謙一
  6. 「パリ子育て俳句さんぽ」【9月17日配信分】
  7. 【春の季語】石鹸玉
  8. 蜩や久しぶりなる井の頭      柏崎夢香【季語=蜩(秋)】
  9. 神保町に銀漢亭があったころ【第59回】鈴木節子
  10. 【冬の季語】冬立つ
PAGE TOP