9.11

  1. ビル、がく、ずれて、ゆくな、ん、てきれ、いき、れ  なかはられいこ

    ビル、がく、ずれて、ゆくな、ん、てきれ、いき、れなかはられいこ(「WE ARE!」第3号2001年12月)平成の終わりにある俳句総合誌が「平成俳句検証」という特集を組んだ。普段この雑誌の特集は良いも…

おすすめ記事

  1. あしかびの沖に御堂の潤み立つ しなだしん【季語=蘆牙(春)】
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第58回】 秩父と金子兜太
  3. 【春の季語】囀
  4. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#2
  5. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年2月分】

Pickup記事

  1. あきかぜの疾渡る空を仰ぎけり 久保田万太郎【季語=秋風(秋)】
  2. 紙魚の跡たどりて紙魚に逢はんとす 後藤夜半【季語=紙魚(夏)】
  3. 寒天煮るとろとろ細火鼠の眼 橋本多佳子【季語=寒天(冬)】
  4. 【冬の季語】毛糸玉
  5. 人はみななにかにはげみ初桜 深見けん二【季語=初桜(春)】
PAGE TOP