1. ばか、はしら、かき、はまぐりや春の雪 久保田万太郎【季語=春の雪(春)】

    ばか、はしら、かき、はまぐりや春の雪久保田万太郎(『現代俳句協会編『昭和俳句作品年表戦後編』昭和二十七年より)掲句は、岸本尚毅『俳句の力学』で、素堂や芭蕉の句とともに「五七五の器に物の名前を放り込ん…

  2. スバルしずかに梢を渡りつつありと、はろばろと美し古典力学 永田和宏

    スバルしずかに梢を渡りつつありと、はろばろと美し古典力学永田和宏…

  3. あっ、ビデオになってた、って君の声の短い動画だ、海の 千種創一

    あっ、ビデオになってた、って君の声の短い動画だ、海の千種創一…

おすすめ記事

  1. 厨房に貝があるくよ雛祭 秋元不死男【季語=雛祭(春)】
  2. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#6
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第96回】中島憲武
  4. 火達磨となれる秋刀魚を裏返す 柴原保佳【季語=秋刀魚(秋)】
  5. 【春の季語】うらら

Pickup記事

  1. 【冬の季語】マスク
  2. 「野崎海芋のたべる歳時記」パン・ペルデュ
  3. 【冬の季語】八手の花
  4. 遠き屋根に日のあたる春惜しみけり 久保田万太郎【季語=春惜しむ(春)】
  5. 【書評】『シリーズ自句自解Ⅱベスト100 大牧広』(ふらんす堂、2017年)
PAGE TOP