「南風」

  1. 泥に降る雪うつくしや泥になる 小川軽舟【季語=雪(冬)】

    泥に降る雪うつくしや泥になる小川軽舟この原稿を書いているのは2月5日、外は大雪が降っている。東京の大雪というと、冬の雪よりも春の雪の方が多い印象だ。ためしに気象庁のデータにあたってみる。する…

  2. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2024年2月分】

    2024年もやります! 前月に刊行された俳句結社誌・同人誌の最新号から「(最大)7…

  3. 寒卵良い学校へゆくために 岩田奎【季語=寒卵(冬)】

    寒卵良い学校へゆくために岩田奎『膚』掲句の「学校」とは、果…

  4. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2024年1月分】

    2024年もやります! 毎月が俳句年鑑! 前月に刊行された俳句結社誌・同人誌の最新…

  5. 忽然と昭和をはりぬ夕霧忌 森竹須美子【季語=夕霧忌(冬)】

    忽然と昭和をはりぬ夕霧忌森竹須美子(『角川大歳時記』) 昭…

  6. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年12月分】

  7. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年11月分】

  8. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年10月分】

  9. 耳飾るをとこのしなや西鶴忌 山上樹実雄【季語=西鶴忌(秋)】

  10. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年9月分】

  11. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年8月分】

  12. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年7月分】

おすすめ記事

  1. 雛飾る手の数珠しばしはづしおき 瀬戸内寂聴【季語=雛飾る(春)】
  2. 卯月野にうすき枕を並べけり 飯島晴子【季語=卯月(夏)】
  3. さざなみのかがやけるとき鳥の恋 北川美美【季語=鳥の恋(春)】
  4. 【秋の季語】曼珠沙華
  5. 馬孕む冬からまつの息赤く 粥川青猿【季語=冬からまつ(冬)】

Pickup記事

  1. 青い薔薇わたくし恋のペシミスト 高澤晶子【季語=薔薇(夏)】
  2. 「野崎海芋のたべる歳時記」鰆のエスカルゴバター焼き
  3. 梅咲いて庭中に青鮫が来ている 金子兜太【季語=梅(春)】
  4. 虫籠は死んだら次の虫が来る  北大路翼【季語=虫籠(秋)】
  5. 【書評】人生の成分・こころの成分――上田信治『成分表』(素粒社、2022年)
PAGE TOP