「珊」

  1. ネックレスかすかに金や花を仰ぐ 今井千鶴子【季語=花(春)】

    ネックレスかすかに金や花を仰ぐ今井千鶴子(いまいちづこ)()昨日、四月八日は高濱虚子忌。亡くなってから六十二年が経った。去年も今年も一門の虚子忌は中止されて、集まって今年の桜の遅速を…

  2. 芽柳の傘擦る音の一寸の間 藤松遊子【季語=芽柳(春)】

    芽柳の傘擦る音の一寸の間藤松遊子(ふじまつゆうし)せっかち…

  3. 人はみななにかにはげみ初桜 深見けん二【季語=初桜(春)】

    人はみななにかにはげみ初桜深見けん二初桜とはその年に初めて…

おすすめ記事

  1. サフランもつて迅い太子についてゆく 飯島晴子【季語=サフランの花(秋)】
  2. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第3回】
  3. 【冬の季語】冬銀河
  4. フラミンゴ同士暑がつてはをらず 後藤比奈夫【季語=暑し(夏)】
  5. 窓眩し土を知らざるヒヤシンス 神野紗希【季語=ヒヤシンス(春)】 

Pickup記事

  1. 【夏の季語】サイダー
  2. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#13
  3. 梅咲いて庭中に青鮫が来ている 金子兜太【季語=梅(春)】
  4. 旗のごとなびく冬日をふと見たり 高浜虚子【季語=冬日(冬)】
  5. 【#34】レッド・ツェッペリンとエミール・ゾラの小説
PAGE TOP