「白露」

  1. 花八つ手鍵かけしより夜の家 友岡子郷【季語=花八つ手(冬)】

    花八つ手鍵かけしより夜の家友岡子郷 幼い頃、よく耳鼻科にかかった。小学校にあがる前だったと思う。夜、耳が痛み出した私を自転車の後ろに乗せて母がもう暗くなった医院を訪ねる。声をかけると電気がつき、診察…

  2. わが恋人涼しチョークの粉がこぼれ 友岡子郷【季語=涼し(夏)】

    わが恋人涼しチョークの粉がこぼれ友岡子郷(『遠方』) チョ…

  3. 氷上の暮色ひしめく風の中 廣瀬直人【季語=氷(冬)】

    氷上の暮色ひしめく風の中廣瀬直人具体物は「氷」くらいであっ…

  4. 月光に夜離れはじまる式部の実 保坂敏子【季語=式部の実(秋)】

    月光に夜離(よが)れはじまる式部の実保坂敏子(『芽山椒』)…

おすすめ記事

  1. 両の眼の玉は飴玉盛夏過ぐ 三橋敏雄【季語=盛夏(夏)】
  2. 紐の束を括るも紐や蚯蚓鳴く 澤好摩【季語=蚯蚓鳴く(秋)】
  3. 【連載】歳時記のトリセツ(16)/宮本佳世乃さん
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第59回】 宇都宮と平畑静塔
  5. 二ン月や鼻より口に音抜けて 桑原三郎【季語=二ン月(春)】

Pickup記事

  1. 【春の季語】二月
  2. 【新年の季語】注連の内
  3. 人のかほ描かれてゐたる巣箱かな 藤原暢子【季語=巣箱(春)】 
  4. 琴墜ちてくる秋天をくらりくらり 金原まさ子【季語=秋天(秋)】
  5. 青葉冷え出土の壺が山雨呼ぶ 河野南畦【季語=青葉冷(夏)】
PAGE TOP