「縄」

  1. 象の足しづかに上る重たさよ 島津亮

    象の足しづかに上る重たさよ島津亮(『紅葉寺境内』昭和27年)「なぜ俳句を書くのか?」と聞かれることがあるだろう。よくある質問だが、あまり好きな質問ではない。この類の問いは突き詰めると「なぜ生きるのか…

  2. 猫と狆と狆が椎茸ふみあらす 島津亮【季語=椎茸(秋)】

    猫と狆と狆が椎茸ふみあらす島津亮先日、カフェでにんじんマフ…

  3. 赤き茸礼讃しては蹴る女 八木三日女【季語=茸(秋)】

    赤き茸礼讃しては蹴る女八木三日女(『紅茸』)赤い茸は毒があ…

おすすめ記事

  1. 【秋の季語】鴨渡る
  2. 悉く全集にあり衣被 田中裕明【季語=衣被(秋)】
  3. バー温し年豆妻が撒きをらむ 河野閑子【季語=年豆(冬)】
  4. 敷物のやうな犬ゐる海の家 岡田由季【季語=海の家(夏)】
  5. 【新年の季語】宝船

Pickup記事

  1. 薫風や今メンバー紹介のとこ 佐藤智子【季語=薫風(夏)】
  2. 捩花の誤解ねぢれて空は青 細谷喨々【季語=捩花(夏)】
  3. 【冬の季語】鬼やらう
  4. 【春の季語】春灯
  5. 手袋を出て母の手となりにけり 仲寒蟬【季語=手袋(冬)】
PAGE TOP