「門」

  1. 春満月そは大いなる糖衣錠 金子敦【季語=春満月(春)】

    春満月そは大いなる糖衣錠金子敦))月はどの季節でも美しいけれど、春の月は特に好もしい。三日月のような細さでも柔和なシルエットを見せる。満つれば更なり。中天に差し掛かる前の月はとても大きくて近くて、時…

  2. 小鳥屋の前の小川の寒雀 鈴木鷹夫【季語=寒雀(冬)】

    小鳥屋の前の小川の寒雀鈴木鷹夫「げっ」と思わず目を剥いたの…

  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第127回】鳥居真里子

    とある酒場とちりめんじゃこ鳥居真里子(「門」主宰)「銀漢亭…

  4. わが影を泉へおとし掬ひけり 木本隆行【季語=泉(夏)】

    わが影を泉へおとし掬ひけり木本隆行ニューヨークの五月は新緑…

  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第59回】鈴木節子

    鷹夫の指のトゲ鈴木節子(「門」名誉主宰)パリからの封書に驚いて開封する。…

カテゴリー記事一覧

記事一覧

PAGE TOP