うぐいす

  1. 二人でかぶる風折烏帽子うぐひすとぶ 飯島晴子【季語=鶯(春)】

    二人でかぶる風折烏帽子うぐひすとぶ)飯島晴子『八頭』は、最初の三句集よりもより華やか、煌びやかで、気高い。それでいて、狩、肉などの荒々しさもある。掲句はまず、風折烏帽子と鶯。鶯と狩、鶯と風。…

  2. 人とゆく野にうぐひすの貌強き 飯島晴子【季語=鶯(春)】

    人とゆく野にうぐひすの貌強き)飯島晴子 前に書いた、飯島晴…

おすすめ記事

  1. 【春の季語】鰊
  2. めぐりあひやその虹七色七代まで 中村草田男【季語=虹(夏)】
  3. 【春の季語】春の野
  4. 【冬の季語】息白し
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第47回】吉田千嘉子

Pickup記事

  1. 【冬の季語】大晦日
  2. 筍の光放つてむかれけり 渡辺水巴【季語=筍(夏)】
  3. 鴨が来て池が愉快となりしかな 坊城俊樹【季語=鴨来る(秋)】
  4. 【#38】山口誓子「汽罐車」連作の学術研究とモンタージュ映画
  5. 毛糸玉秘密を芯に巻かれけり 小澤克己【季語=毛糸玉(冬)】
PAGE TOP