1. うららかさどこか突抜け年の暮 細見綾子【季語=年の暮(冬)】

    うららかさどこか突抜け年の暮細見綾子十二月も中旬。もう十分に年の暮だ。だるまさんがころんだ、と言いざま振り向いた時のように年の瀬がひたひたと迫っている。そろそろ新年を迎えるための準備を始めたいところ…

  2. 枯葉言ふ「最期とは軽いこの音さ」 林翔【季語=枯葉(冬)】

    枯葉言ふ「最期とは軽いこの音さ」)林 翔特に理由もない…

おすすめ記事

  1. 利根川のふるきみなとの蓮かな 水原秋櫻子【季語=蓮(夏)】
  2. うらみつらみつらつら椿柵の向う 山岸由佳【季語=椿(春)】 
  3. 春天の塔上翼なき人等 野見山朱鳥【季語=春天(春)】
  4. 人垣に春節の龍起ち上がる 小路紫峡【季語=春節(春)】
  5. 未草ひらく跫音淡々と 飯島晴子【季語=未草(夏)】

Pickup記事

  1. 街の縮図が薔薇挿すコップの面にあり 原子公平 【季語=薔薇(夏)】
  2. 婚約とは二人で虹を見る約束 山口優夢【季語=虹(夏)】
  3. 秋櫻子の足あと【第10回】谷岡健彦
  4. 順番に死ぬわけでなし春二番 山崎聰【季語=春二番(春)】
  5. 【#26-1】愛媛県南予地方と宇和島の牛鬼(1)
PAGE TOP