しか

  1. 雪折を振り返ることしかできず 瀬間陽子【季語=雪折(冬)】 

    雪折を振り返ることしかできず)(瀬間陽子昨日は東京にも雪が降った。そして雷も。掲句は、昨年の秋に刊行された瀬間陽子さんの第一句集『新潮文庫の栞紐』より。見ための美しさとは違い、雪は積…

おすすめ記事

  1. 「野崎海芋のたべる歳時記」春にんじんのキャロット・ラペ
  2. いちじくを食べた子供の匂ひとか 鴇田智哉【季語=いちじく(秋)】
  3. 【冬の季語】冬川
  4. 鳴きし亀誰も聞いてはをらざりし 後藤比奈夫【季語=亀鳴く(春)】
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第124回】髙坂小太郎

Pickup記事

  1. 生きものの影入るるたび泉哭く 飯島晴子【季語=泉(夏)】
  2. 扇子低く使ひぬ夫に女秘書 藤田直子【季語=扇子(夏)】
  3. 子燕のこぼれむばかりこぼれざる 小澤實【季語=子燕(夏)】
  4. 初鰹黒潮を来し尾の緊まり 今瀬一博【季語=初鰹(夏)】
  5. 影ひとつくださいといふ雪女 恩田侑布子【季語=雪女(冬)】
PAGE TOP