1. 青嵐神社があったので拝む 池田澄子【季語=青嵐(夏)】

    青嵐神社があったので拝む池田澄子ある時、初めて通った道のそばに神社があったのでふらふらと入って行って拝んだ。数日後、「そういえば忌中は神社への参拝とかしちゃいけないんじゃなかったっけ?」と思…

  2. 海外のニュースの河馬が泣いていた 木田智美【無季】

    海外のニュースの河馬が泣いていた木田智美初学のころ、「作句…

  3. コスモスや泣きたくなつたので笑ふ 吉田林檎【季語=コスモス(秋)】

    コスモスや泣きたくなつたので笑ふ吉田林檎 山口百恵の曲「秋…

  4. 婿は見えたり見えなかつたり桔梗畑 飯島晴子【季語=桔梗(秋)】

    婿は見えたり見えなかつたり桔梗畑)飯島晴子 咲き満ちた何本…

  5. 朝貌や惚れた女も二三日 夏目漱石【季語=朝貌(秋)】

    朝貌や惚れた女も二三日夏目漱石 (『漱石俳句集』) 近所の…

  6. 葛の花来るなと言つたではないか 飯島晴子【季語=葛の花(秋)】

  7. 恋さめた猫よ物書くまで墨すり溜めし 河東碧梧桐【季語=恋猫(春)】

  8. 年迎ふ父に胆石できたまま 島崎寛永【季語=年迎ふ(新年)】 

  9. いちじくを食べた子供の匂ひとか 鴇田智哉【季語=いちじく(秋)】

  10. 山頂に流星触れたのだろうか 清家由香里【季語=流星(秋)】

  11. 蛤の吐いたやうなる港かな 正岡子規【季語=蛤(春)】

  12. あっ、ビデオになってた、って君の声の短い動画だ、海の 千種創一

おすすめ記事

  1. いづくともなき合掌や初御空 中村汀女【季語=初御空(新年)】
  2. 【秋の季語】新涼/涼新た 秋涼し
  3. 【新年の季語】雑煮
  4. 山又山山桜又山桜 阿波野青畝【季語=山桜(春)】
  5. 【春の季語】鶯笛

Pickup記事

  1. 【春の季語】囀る
  2. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第9回
  3. 鞦韆は漕ぐべし愛は奪ふべし 三橋鷹女【季語=鞦韆(春)】
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第58回】 秩父と金子兜太
  5. いちじくはジャムにあなたは元カレに 塩見恵介【季語=いちじく(秋)】
PAGE TOP