ついてゆく

  1. サフランもつて迅い太子についてゆく 飯島晴子【季語=サフランの花(秋)】

    サフランもつて迅い太子についてゆく)飯島晴子 難解をもって鳴る飯島晴子らしい俳句。このナンセンスすれすれの句に恣意的な読みで飯島晴子らしい匂いをかぎとってみたい。 句を散文として読めば文意は…

おすすめ記事

  1. たくさんのお尻の並ぶ汐干かな 杉原祐之【季語=汐干(春)】
  2. 【連載】歳時記のトリセツ(10)/小津夜景さん
  3. あかくあかくカンナが微熱誘ひけり 高柳重信【季語=カンナ(秋)】
  4. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第2回】1993年・七夕賞
  5. 誰も口にせぬ流氷の向かうの地 塩崎帆高【季語=流氷(春)】

Pickup記事

  1. 恋の神えやみの神や鎮花祭 松瀬青々【季語=鎮花祭(春)】
  2. ふくしまに生れ今年の菊膾 深見けん二【季語=菊膾(秋)】
  3. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年9月分】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第111回】宮澤正明
  5. 【冬の季語】十二月
PAGE TOP