ところ

  1. 青空の暗きところが雲雀の血 高野ムツオ【季語=雲雀(春)】

    青空の暗きところが雲雀の血高野ムツオ先日、飛鳥に行ってきた。南風の先輩方に、「大阪の中央例会の後に飛鳥に行きたい」とリクエストしたら、何人かを誘ってくださり、1泊2日の吟行旅行が実現した。一…

  2. 鳥の巣に鳥が入つてゆくところ 波多野爽波【季語=鳥の巣(春)】 

    鳥の巣に鳥が入つてゆくところ)波多野爽波『鋪道の花』何度読…

  3. 服脱ぎてサンタクロースになるところ 堀切克洋【季語=サンタクロース(冬)】

    服脱ぎてサンタクロースになるところ堀切克洋(『尺蠖の道』)…

  4. 海に出て綿菓子買えるところなし 大高翔

    海に出て綿菓子買えるところなし大高翔(「鳩よ!」1997年8月号)…

  5. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第1回】2012年・皐月賞

    【第1回】春泥を突き抜けた黄金の船(2012年皐月賞・ゴールドシップ)…

  6. ラーメン舌に熱し僕がこんなところに 林田紀音夫

  7. 短日のかかるところにふとをりて 清崎敏郎【季語=短日(冬)】

  8. やはらかきところは濡れてかたつむり 齋藤朝比古【季語=蝸牛(夏)】

  9. 鳥の巣に鳥が入つてゆくところ 波多野爽波【季語=鳥の巣(春)】

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】手袋
  2. 冴返るまだ粗玉の詩句抱き 上田五千石【季語=冴返る(春)】
  3. 【秋の季語】長薯/薯蕷
  4. 花いばら髪ふれあひてめざめあふ 小池文子【季語=花いばら(夏)】
  5. 二十世紀なり列国に御慶申す也 尾崎紅葉【季語=御慶(新年)】

Pickup記事

  1. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年6月分】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第39回】石井隆司
  3. 虹の空たちまち雪となりにけり 山本駄々子【季語=雪(冬)】
  4. 【本の紹介】仏の道は句に通ず──山折哲雄『勿体なや祖師は紙衣の九十年』(中央公論新社、2017年)
  5. 紫陽花のパリーに咲けば巴里の色 星野椿【季語=紫陽花(夏)】
PAGE TOP