なか

  1. 白菜かかへみやこのなかは曇なり 飯島晴子【季語=白菜(冬)】

    白菜かかへみやこのなかは曇なり)飯島晴子 私は、白菜畑で白菜を抱えながら、少し離れたみやこを眺めているように思った。みやこの「なか」という言い方からは、いかにもみやこが閉鎖的空間という感じが出てくる…

  2. 目のなかに芒原あり森賀まり 田中裕明【季語=芒(秋)】

    目のなかに芒原あり森賀まり田中裕明(『夜の客人』) 作者の…

  3. 昼ごろより時の感じ既に無くなりて樹立のなかに歩みをとどむ 佐藤佐太郎

    昼ごろより時の感じ既に無くなりて樹立のなかに歩みをとどむ佐藤佐太郎…

おすすめ記事

  1. 片手明るし手袋をまた失くし 相子智恵【季語=手袋(冬)】
  2. まどごしに與へ去りたる螢かな 久保より江【季語=蛍(夏)】
  3. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#11】異国情緒
  4. 【連載】漢字という親を棄てられない私たち/井上泰至【第6回】
  5. 蝶落ちて大音響の結氷期 富沢赤黄男【季語=結氷期(冬)】

Pickup記事

  1. 【春の季語】復活祭
  2. 「パリ子育て俳句さんぽ」【10月22日配信分】
  3. 【春の季語】鷹鳩と化す
  4. 野崎海芋の「たべる歳時記」 七草粥
  5. 「体育+俳句」【第3回】畔柳海村+サッカー
PAGE TOP