らむ

  1. 黄沙いまかの楼蘭を発つらむか 藤田湘子【季語=黄沙(春)】

    黄沙いまかの楼蘭を発つらむか藤田湘子(「黒」1987年 角川書店)1978年8月に日中平和友好条約が締結され、10月に両国会で批准された。これとほぼ同時期に日本テレビでドラマ「西遊記」が放映され、人…

  2. 秋灯の街忘るまじ忘るらむ 髙柳克弘【季語=秋灯(秋)】

    秋灯の街忘るまじ忘るらむ)髙柳克弘 「赤いスイートピー」の…

  3. 鳥帰るいづこの空もさびしからむに 安住敦【季語=鳥帰る(春)】

    鳥帰るいづこの空もさびしからむに安住敦四月最後の月曜日。そ…

おすすめ記事

  1. 【秋の季語】山椒の実
  2. 再縁といへど目出度し桜鯛 麻葉【季語=桜鯛(春)】
  3. 休みの日晝まで霜を見てゐたり 永田耕衣【季語=霜(冬)】
  4. 海鼠噛むことも別れも面倒な 遠山陽子【季語=海鼠(冬)】
  5. はなびらの垂れて静かや花菖蒲 高浜虚子【季語=花菖蒲(夏)】

Pickup記事

  1. 藷たべてゐる子に何が好きかと問ふ 京極杞陽【季語=藷 (秋)】
  2. 仲秋の金蠅にしてパッと散る 波多野爽波【季語=仲秋(秋)】
  3. 【春の季語】彼岸
  4. 恋にしてわざと敗けたるかるた哉 羅蘇山人【季語=かるた(新年)】
  5. 軋みつつ花束となるチューリップ 津川絵理子【季語=チューリップ(春)】
PAGE TOP