コスモス

  1. コスモスや泣きたくなつたので笑ふ 吉田林檎【季語=コスモス(秋)】

    コスモスや泣きたくなつたので笑ふ吉田林檎 山口百恵の曲「秋桜(コスモス)」は嫁ぐ娘が母を想う歌である。大まかなストーリーはこんな感じである。母は縁側でアルバムを開き、娘の幼い日々を思い出す。そして娘…

  2. コスモスを愛づゆとりとてなきゴルフ 大橋 晄【季語=コスモス(秋)】

    コスモスを愛づゆとりとてなきゴルフ大橋晄 週末…

  3. 【秋の季語】秋桜

    【秋の季語=仲秋〜晩秋(9月〜10月)】秋桜【解説】「コスモス」の別称。あ…

  4. 【秋の季語】コスモス

    【秋の季語=仲秋〜晩秋(9月〜10月)】コスモス9月か10月になる…

  5. コスモスのゆれかはしゐて相うたず      鈴鹿野風呂【季語=コスモス(秋)】

    コスモスのゆれかはしゐて相うたず鈴鹿野風呂(すずか・のぶろ))…

  6. 魚のかげ魚にそひゆく秋ざくら 山越文夫【季語=コスモス(秋)】

おすすめ記事

  1. 衣被我のみ古りし夫婦箸 西村和子【季語=衣被(秋)】
  2. もし呼んでよいなら桐の花を呼ぶ 高梨章【季語=桐の花(夏)】
  3. いぬふぐり昔の恋を問はれけり 谷口摩耶【季語=いぬふぐり(春)】
  4. 妹は滝の扉を恣 小山玄紀【季語=滝(夏)】
  5. 観音か聖母か岬の南風に立ち 橋本榮治【季語=南風(夏)】

Pickup記事

  1. もち古りし夫婦の箸や冷奴 久保田万太郎【季語=冷奴(夏)】
  2. 水鏡してあぢさゐのけふの色 上田五千石【季語=あぢさゐ(夏)】
  3. 妹に告げきて燃える海泳ぐ 郡山淳一
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第99回】川島秋葉男
  5. 【書評】菅敦 第1句集『仮寓』(書肆アルス、2020年)
PAGE TOP