一直線

  1. おそろしき一直線の彼方かな 畠山弘

    おそろしき一直線の彼方かな)畠山弘現代俳句協会編 『昭和俳句作品年表 戦後篇 昭和21年~45年』東京堂出版、2017年、123頁[昭和26年の部より])掲句、句材の単純さにおいてはなかなかに類を見…

おすすめ記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第52回】大和田アルミ
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第62回】 佐渡と岸田稚魚
  3. 遠くより風来て夏の海となる 飯田龍太【季語=夏の海(夏)】
  4. 秋灯机の上の幾山河 吉屋信子【季語=秋灯(秋)】
  5. 本州の最北端の氷旗 飯島晴子【季語=氷旗(夏)】

Pickup記事

  1. でで虫の繰り出す肉に遅れをとる 飯島晴子【季語=でで虫(夏)】
  2. 「パリ子育て俳句さんぽ」【12月4日配信分】
  3. 菜の花の斜面を潜水服のまま 今井聖【季語=菜の花(春)】
  4. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年2月分】
  5. 【冬の季語】水仙
PAGE TOP