三宅清三郎

  1. 春惜しみつゝ蝶々におくれゆく   三宅清三郎【季語=春惜む・蝶々(春)】

    春惜しみつゝ蝶々におくれゆく三宅清三郎みやけ・せいざぶろう2021年も2022年もこんな風にハイクノミカタを書いていたけれど、こんなに毎週遅れることはなかったのはなぜだったのか考えた。行動を制限され…

  2. 朝寝楽し障子と壺と白ければ   三宅清三郎【季語=朝寝(春)】

    朝寝楽し障子と壺と白ければ三宅清三郎みやけ・せいざぶろう桜…

  3. 東風を負ひ東風にむかひて相離る   三宅清三郎【季語=東風(春)】

    東風を負ひ東風にむかひて相離る三宅清三郎みやけ・せいざぶろう…

おすすめ記事

  1. 「野崎海芋のたべる歳時記」卵のココット
  2. 手袋に切符一人に戻りたる 浅川芳直【季語=手袋(冬)】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第115回】今田宗男
  4. 【冬の季語】愛日
  5. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年8月分】

Pickup記事

  1. 【春の季語】春泥
  2. 山茶花のくれなゐひとに訪はれずに 橋本多佳子【季語=山茶花(冬)】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第42回】黒岩徳将
  4. シゴハイ【第1回】平山雄一(音楽評論家)
  5. 横ざまに高き空より菊の虻 歌原蒼苔【季語=菊(秋)】
PAGE TOP