三橋鷹女

  1. 鞦韆は漕ぐべし愛は奪ふべし 三橋鷹女【季語=バレンタインデー(春)】

    鞦韆は漕ぐべし愛は奪ふべし三橋鷹女(『白骨』) 〈鞦韆〉はブランコのこと。古代中国では、冬至の後105日目の日に乙女が鞦韆に乗って遊ぶ風習があった。唐代の漢詩では、春の景として詠まれている。…

  2. 詩に瘦せて二月渚をゆくはわたし 三橋鷹女【季語=二月(春)】

    詩に瘦せて二月渚をゆくはわたし三橋鷹女以前、何かの講演で、…

  3. 「野崎海芋のたべる歳時記」ゴーヤの揚げ浸し

    ゴーヤの揚げ浸しMargose frite au bouillon…

  4. 若葉してうるさいッ玄米パン屋さん 三橋鷹女【季語=若葉(夏)】

    若葉してうるさいッ玄米パン屋さん三橋鷹女昨年リリース以来話…

カテゴリー記事一覧

記事一覧

PAGE TOP