三橋鷹女

  1. 夏痩せて瞳に塹壕をゑがき得ざる 三橋鷹女【季語=夏痩(夏)】

    夏痩せて瞳に塹壕をゑがき得ざる三橋鷹女(『三橋鷹女全集』立風書房)初出句集は鷹女の第一句集『向日葵』(昭和15年10月刊)。大正13年から昭和15年までの約2千句から厳選されている。翌年には同じ期間…

  2. 鞦韆は漕ぐべし愛は奪ふべし 三橋鷹女【季語=鞦韆(春)】

    鞦韆は漕ぐべし愛は奪ふべし三橋鷹女(『白骨』) 〈鞦韆〉は…

  3. 詩に瘦せて二月渚をゆくはわたし 三橋鷹女【季語=二月(春)】

    詩に瘦せて二月渚をゆくはわたし三橋鷹女以前、何かの講演で、…

  4. 「野崎海芋のたべる歳時記」ゴーヤの揚げ浸し

    ゴーヤの揚げ浸しMargose frite au bouillon…

  5. 若葉してうるさいッ玄米パン屋さん 三橋鷹女【季語=若葉(夏)】

    若葉してうるさいッ玄米パン屋さん三橋鷹女昨年リリース以来話…

おすすめ記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第22回】村上鞆彦
  2. エリックのばかばかばかと桜降る 太田うさぎ【季語=桜(春)】
  3. 何故逃げる儂の箸より冷奴 豊田すずめ【季語=冷奴(夏)】
  4. 【新年の季語】注連の内
  5. 着ぶくれて田へ行くだけの橋見ゆる 吉田穂津【季語=着ぶくれ(冬)】

Pickup記事

  1. 【秋の季語】茸(菌)
  2. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第4回
  3. 台風や四肢いきいきと雨合羽 草間時彦【季語=台風(秋)】
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第38回】 信濃・辰野と上田五千石
  5. 静臥ただ落葉降りつぐ音ばかり 成田千空【季語=落葉(冬)】
PAGE TOP