住む

  1. 白夜の忠犬百骸挙げて石に近み 中村草田男【季語=白夜(夏)】

    白夜の忠犬百骸挙げて石に近み)中村草田男 第8句集『時機(とき)』は草田男が生前に編んだ最後の句集であり、第7句集『美田』の13年後にあたる昭和55年(1980/草田男79歳)に刊行された。内容は『…

  2. 武具飾る海をへだてて離れ住み 加藤耕子【季語=武具飾る(夏)】

    武具飾る海をへだてて離れ住み加藤耕子本日5月5日は「端午の…

おすすめ記事

  1. 【連載】歳時記のトリセツ(16)/宮本佳世乃さん
  2. 初夢にドームがありぬあとは忘れ 加倉井秋を【季語=初夢(新年)】
  3. 【夏の季語】梅雨明
  4. 【冬の季語】蓮根掘
  5. さわやかにおのが濁りをぬけし鯉 皆吉爽雨【季語=爽やか(秋)】

Pickup記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第7回】大森海岸と大牧広
  2. 【冬の季語】人参
  3. 白牡丹四五日そして雨どつと 高田風人子【季語=白牡丹(夏)】
  4. 手の甲に子かまきりをり吹きて逃す 土屋幸代【季語=子かまきり(夏)】
  5. 【冬の季語】鼻水
PAGE TOP