信濃

  1. 雨だれを聴きて信濃の濁り酒 德田千鶴子【季語=濁り酒(秋)】

    雨だれを聴きて信濃の濁り酒德田千鶴子さて、どうも肩に力が入った文章になりがちだが、もともとの性格によるものだから、どうしようもない。この短期連載のうちに少しでもコツをつかみたいところ。「雨だれ」のよ…

  2. ひよんの実や昨日と違ふ風を見て   高橋安芸【季語=ひよんの実(秋)】

    ひよんの実や昨日と違ふ風を見て)高橋安芸長野県俳人協会編『…

  3. 懐石の芋の葉にのり衣被  平林春子【季語=衣被(秋)】

    懐石の芋の葉にのり衣被)平林春子1978年刊行『信濃句集』…

  4. 輝きてビラ秋空にまだ高し 西澤春雪【季語=秋空(秋)】

    輝きてビラ秋空にまだ高し)西澤春雪松本で開催されるイベント…

  5. 老僧の忘れかけたる茸の城 小林衹郊【季語=茸(秋)】

    老僧の忘れかけたる茸の城)小林衹郊 今朝の信濃毎日新聞読者…

  6. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第38回】 信濃・辰野と上田五千石

  7. みすずかる信濃は大き蛍籠 伊藤伊那男【季語=蛍籠(夏)】

おすすめ記事

  1. 「パリ子育て俳句さんぽ」【1月29日配信分】
  2. 雀蛤となるべきちぎりもぎりかな 河東碧梧桐【季語=雀蛤となる(秋)】
  3. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年1月分】
  4. 夕づつにまつ毛澄みゆく冬よ来よ 千代田葛彦【季語=冬隣(秋)】
  5. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第9回】

Pickup記事

  1. 蜃気楼博士ばかりが現れし 阪西敦子【季語=蜃気楼(春)】
  2. 生垣や忘れ一葉を落し掃く   村尾公羽【季語=一葉(秋)】
  3. 【書評】吉田林檎『スカラ座』(ふらんす堂、2019年)
  4. 馬鈴薯の顔で馬鈴薯掘り通す 永田耕衣【季語=馬鈴薯(秋)】
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第17回】太田うさぎ
PAGE TOP