内藤鳴雪

  1. 目薬に涼しく秋を知る日かな 内藤鳴雪【季語=秋(秋)】

    目薬に涼しく秋を知る日かな内藤鳴雪内藤鳴雪がなんとなく好きだ。その名を初めて知ったとき、「鳴雪」という俳号の字面と響きに奥床しさを感じたのと、寄宿舎の監督を務めていた時に寄宿生としてやって来た親子ほ…

  2. 松山藩主松平定行公と東野、高浜虚子や今井つる女が訪れた茶屋について(3)

    【連載】趣味と写真と、ときどき俳句と【#13-3】松山藩主松平定行公と東野、高浜虚…

  3. いつの間に昼の月出て冬の空 内藤鳴雪【季語=冬の空(冬)】

    いつの間に昼の月出て冬の空内藤鳴雪雲一つない冬の空に、うっ…

カテゴリー記事一覧

記事一覧

PAGE TOP