内藤鳴雪

  1. 【連載】漢字という親を棄てられない私たち/井上泰至【第2回】

    【連載】漢字という親を棄てられない私たち/井上泰至【第2回】句会は漢詩から生まれた① 10月16日、松山の子規記念博物館で講演をやってきた。題して「句会の子規―様々な創意」。関連展示に合わせたもので、眼を引…

  2. 目薬に涼しく秋を知る日かな 内藤鳴雪【季語=秋(秋)】

    目薬に涼しく秋を知る日かな内藤鳴雪内藤鳴雪がなんとなく好き…

  3. 松山藩主松平定行公と東野、高浜虚子や今井つる女が訪れた茶屋について(3)

    【連載】趣味と写真と、ときどき俳句と【#13-3】松山藩主松平定行公と東野、高浜虚…

  4. いつの間に昼の月出て冬の空 内藤鳴雪【季語=冬の空(冬)】

    いつの間に昼の月出て冬の空内藤鳴雪雲一つない冬の空に、うっ…

おすすめ記事

  1. 霜柱五分その下の固き土 田尾紅葉子【季語=霜柱(冬)】
  2. 野分吾が鼻孔を出でて遊ぶかな 永田耕衣【季語=野分(秋)】
  3. 電車いままつしぐらなり桐の花 星野立子【季語=桐の花(夏)】
  4. 雪虫のそつとくらがりそつと口笛 中嶋憲武【季語=雪虫(春)】 
  5. いちじくはジャムにあなたは元カレに 塩見恵介【季語=いちじく(秋)】

Pickup記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第29回】横浜と大野林火
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第23回】木曾と宇佐美魚目
  3. ハイシノミカタ【#5】「藍花」(川合牛蒡編集長)
  4. 【春の季語】海市
  5. 【連載】新しい短歌をさがして【8】服部崇
PAGE TOP