冬麗

  1. 冬麗の谷人形を打ち合はせ 飯島晴子【季語=冬麗(冬)】

    冬麗の谷人形を打ち合はせ)飯島晴子 木々の葉もまばらとなった冬、谷の底でこつこつと人形を打ち合わせる。そのかすかな音は、谷からは遠い青空に吸収されるようである。親や他の子供たちからは離れたところでの…

  2. 【冬の季語】冬うらら

    【冬の季語=三冬(11〜1月)】冬うらら【解説】うららかな冬の日。「冬麗」…

  3. 【冬の季語】冬麗

    【冬の季語=三冬(11〜1月)】冬麗【解説】うららかな冬の日。「冬うらら」…

おすすめ記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第11回】小島 健
  2. 九月来る鏡の中の無音の樹 津川絵理子【季語=九月(秋)】
  3. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第1回】2012年・皐月賞
  4. シゴハイ【第3回】脇本浩子(イタリア食文化文筆・翻訳家)
  5. 【春の季語】鴨引く

Pickup記事

  1. 蛇の衣傍にあり憩ひけり 高濱虚子【季語=蛇の衣(夏)】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第76回】種谷良二
  3. 綿入が似合う淋しいけど似合う 大庭紫逢【季語=綿入(冬)】
  4. 【春の季語】屋根替
  5. 馬小屋に馬の表札神無月 宮本郁江【季語=神無月(冬)】
PAGE TOP