冷たい

  1. 鶯に蔵をつめたくしておかむ 飯島晴子【季語=鶯(春)】

    鶯に蔵をつめたくしておかむ)飯島晴子当然「に」がポイントとなるわけである。鶯のために、というニュアンスが一番すんなりと受け入れられそうだが、蔵をつめたくすることがどのように鶯のためになるのかというこ…

  2. 生きのよき魚つめたし花蘇芳 津川絵理子【季語=花蘇芳(春)】

    生きのよき魚つめたし花蘇芳)津川絵理子手に触れた魚のつめた…

  3. 麻服の鎖骨つめたし摩天楼 岩永佐保【季語=麻服(夏)】

    麻服の鎖骨つめたし摩天楼()岩永佐保〈摩天楼〉は、英語のs…

おすすめ記事

  1. 水中に風を起せる泉かな 小林貴子【季語=泉(夏)】
  2. 家毀し瀧曼荼羅を下げておく 飯島晴子【季語=滝(夏)】
  3. 「パリ子育て俳句さんぽ」【8月27日配信分】
  4. 天高し鞄に辞書のかたくある 越智友亮【季語=天高し(秋)】
  5. 蕎麦碾くや月山はうつすらと雪 佐藤郁良【季語=雪(冬)】 

Pickup記事

  1. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【5】/坂口晴子(「銀漢」同人・)
  2. 方舟へ行く一本道の闇上野ちづこ(無季)
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第106回】後藤章
  4. 【冬の季語】枯木
  5. 【冬の季語】小春
PAGE TOP