出づ

  1. 田を植ゑるしづかな音へ出でにけり 中村草田男【季語=田植(夏)】

    田を植ゑるしづかな音へ出でにけり)中村草田男 今年は草田男没後40周年という事で、私が所属している俳誌『森の座』でも草田男師没後40年記念大会が企画される。また、今年の3月には同門の故渡辺香根夫氏が…

  2. 黒服の春暑き列上野出づ 飯田龍太【季語=春暑し(春)】

    黒服の春暑き列上野出づ飯田龍太))この句を作者名を伏せて突…

  3. 野分吾が鼻孔を出でて遊ぶかな 永田耕衣【季語=野分(秋)】

    野分吾が鼻孔を出でて遊ぶかな)永田耕衣「驢鳴集」(昭和27…

おすすめ記事

  1. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第9回】
  2. 自愛の卓ポテトチップは冬のうろこ 鈴木明【季語=冬(冬)】
  3. 台風や四肢いきいきと雨合羽 草間時彦【季語=台風(秋)】
  4. 開墾のはじめは豚とひとつ鍋 依田勉三
  5. いちじくを食べた子供の匂ひとか 鴇田智哉【季語=いちじく(秋)】

Pickup記事

  1. 【新年の季語】左義長
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第33回】馬場龍吉
  3. 【冬の季語】風邪
  4. 【冬の季語】神無月/かみなづき 神去月 神在月 時雨月 初霜月
  5. 白梅や天没地没虚空没 永田耕衣【季語=白梅(春)】
PAGE TOP