初桜

  1. 【春の季語】初花

    【春の季語=仲春(3月)】初花その年に初めて咲いた「桜」の花のこと。「初桜」とも。【初花(上五)】初花の夕べは已にほの白く 高野素十初花の水にうつろふほどもなき 日野草城初花の薄…

  2. 【春の季語】初桜

    【春の季語=仲春(3月)】初桜その年に初めて咲いた「桜」の花のこと…

  3. 見るうちに開き加はり初桜 深見けん二【季語=初桜(春)】

    見るうちに開き加はり初桜深見けん二(ふかみけんじけん忙中閑…

  4. 人はみななにかにはげみ初桜 深見けん二【季語=初桜(春)】

    人はみななにかにはげみ初桜深見けん二初桜とはその年に初めて…

おすすめ記事

  1. 「野崎海芋のたべる歳時記」和風ロールキャベツ
  2. 生きるの大好き冬のはじめが春に似て 池田澄子【季語=初冬(冬)】
  3. 此木戸や錠のさされて冬の月 其角【季語=冬の月(冬)】
  4. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#8
  5. スタールビー海溝を曳く琴騒の 八木三日女

Pickup記事

  1. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第15回】
  2. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#16
  3. 【書評】中沢新一・小澤實『俳句の海に潜る』(角川書店、2016年)
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第61回】松野苑子
  5. ぐじやぐじやのおじやなんどを朝餉とし何で残生が美しからう 齋藤史
PAGE TOP