北海道

  1. 足跡が足跡を踏む雪野かな 鈴木牛後【季語=雪野(冬)】 

    足跡が足跡を踏む雪野かな)(鈴木牛後(「北海道俳句年鑑2023」より) 本日から土井探花さんより、火曜日を引き継ぎます。1年ぶりにカムバックしました、鈴木総史です。2か月間よろしくお願い申し上げます…

  2. 【連載】新しい短歌をさがして【16】服部崇

    【連載】新しい短歌をさがして【16】服部崇(「心の花」同人)…

  3. とれたてのアスパラガスのやうな彼 山田弘子【季語=アスパラガス(春)】

    とれたてのアスパラガスのやうな彼山田弘子春を告げる鳥がウグ…

  4. 地吹雪や蝦夷はからくれなゐの島 櫂未知子【季語=地吹雪(冬)】 

    地吹雪や蝦夷はからくれなゐの島)櫂未知子第3句集『カムイ』より…

  5. 北寄貝桶ゆすぶつて見せにけり 平川靖子【季語=北寄貝(冬)】 

    北寄貝桶ゆすぶつて見せにけり)平川靖子『北海道俳句年鑑2022』より…

  6. 背広来る来るジンギスカンを食べに来る 橋本喜夫【季語=ジンギスカン(秋)】 

  7. 立春の零下二十度の吐息 三品吏紀【季語=立春(春)】 

  8. 湖をこつんとのこし山眠る 松王かをり【季語=山眠る(冬)】 

  9. 流氷が繋ぐ北方領土かな 大槻独舟【季語=流氷(春)】 

  10. 蝦夷に生まれ金木犀の香を知らず 青山酔鳴【季語=金木犀(秋)】 

  11. 初燈明背にあかつきの雪の音 髙橋千草【季語=初燈明(新年)】 

  12. 年迎ふ父に胆石できたまま 島崎寛永【季語=年迎ふ(新年)】 

おすすめ記事

  1. 【秋の季語】鵙の贄
  2. 一臓器とも耕人の皺の首 谷口智行【季語=耕人(春)】
  3. 【春の季語】梅二月
  4. 【書評】片山由美子『鷹羽狩行の百句』(ふらんす堂、2018年)
  5. 海市あり別れて匂ふ男あり 秦夕美【季語=海市(春)】

Pickup記事

  1. 【秋の季語】団栗
  2. 【冬の季語】鯛焼
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第86回】有澤志峯
  4. また一人看取の汗を拭いて来し 三島広志【季語=汗(夏)】
  5. 【春の季語】冴返る
PAGE TOP