卒業す

  1. 卒業す片恋少女鮮烈に 加藤楸邨【季語=卒業(春)】

    卒業す片恋少女鮮烈に加藤楸邨(『吹越』)春の別れ、それは卒業式。憧れの先輩も同級生もみな新しい生活へと旅立ってゆく。もう、一緒に机を並べることもなければ、校舎ですれ違うこともない。だから、最後に渾身…

  2. 【春の季語】卒業す

    【春の季語=仲春(3月)】卒業す学校の全課程を学び終えて、「卒業」…

  3. 【春の季語】卒業歌

    【春の季語=仲春(3月)】卒業歌「卒業」をテーマとした歌のこと。…

  4. 【春の季語】卒業

    【春の季語=仲春(3月)】卒業学校の全課程を学び終えて、学校を出ること。…

おすすめ記事

  1. 海底に足跡のあるいい天気 『誹風柳多留』
  2. 【秋の季語】梨
  3. 懐石の芋の葉にのり衣被  平林春子【季語=衣被(秋)】
  4. 【連載】新しい短歌をさがして【8】服部崇
  5. 【巻頭言】地球を損なわずに歩く――〈3.11〉以後の俳句をめぐる断想

Pickup記事

  1. シゴハイ【第3回】脇本浩子(イタリア食文化文筆・翻訳家)
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第39回】 青森・五所川原と成田千空
  3. 白萩を押してゆく身のぬくさかな 飯島晴子【季語=白萩(秋)】
  4. 【秋の季語】松茸
  5. 【冬の季語】嚏(嚔)
PAGE TOP