1. 待春やうどんに絡む卵の黄 杉山久子【季語=待春(春)】

    待春やうどんに絡む卵の黄杉山久子卵を一つ、電子レンジ対応の茶碗(100円ショップで買える)に割り入れ、ラップをしてレンジで30秒から40秒ほど加熱する。たったこれだけで、白身はほどよく固まり、黄身は…

  2. 産みたての卵や一つ大新緑 橋本夢道【季語=新緑(夏)】

    産みたての卵や一つ大新緑橋本夢道(「新興俳句アンソロジー」ふらんす堂より)…

  3. 【卵の俳句】

    【卵の俳句】【解説】本来、鶏の産卵期は春から夏にかけてで、冬は産卵しませんでした。…

おすすめ記事

  1. 琴墜ちてくる秋天をくらりくらり 金原まさ子【季語=秋天(秋)】
  2. 目のなかに芒原あり森賀まり 田中裕明【季語=芒(秋)】
  3. 【特別寄稿】「十年目に震災句について考える」小田島渚
  4. 【春の季語】春野
  5. 対岸や壁のごとくに虫の闇 抜井諒一【季語=虫(秋)】

Pickup記事

  1. 【夏の季語】筍
  2. こんな本が出た【2021年5月刊行分】
  3. はるかよりはるかへ蜩のひびく 夏井いつき【季語=蜩(秋)】
  4. 【秋の季語】山椒の実
  5. バレンタインデー心に鍵の穴ひとつ 上田日差子【季語=バレンタインデー(春)】
PAGE TOP