1. 恋にしてわざと敗けたるかるた哉 羅蘇山人【季語=かるた(新年)】

    恋にしてわざと敗けたるかるた哉羅蘇山人(『蘇山人俳句集』) 正月の遊びといえば何を思い出すだろうか。羽根つきや凧揚げは、屋外での遊び。 双六や歌留多は、屋内での遊びだ。大人たちが昼間から酒を飲んでい…

  2. うつとりと人見る奈良の鹿子哉 正岡子規【季語=鹿子(夏)】

    うつとりと人見る奈良の鹿子哉正岡子規 先日、ある句会にて鹿…

  3. 春の夜のエプロンをとるしぐさ哉 小沢昭一【季語=春の夜(春)】

    春の夜のエプロンをとるしぐさ哉)小沢昭一異性のどんなしぐさ…

  4. よもに打薺もしどろもどろ哉 芭蕉【季語=薺打つ(新年)】

    よもに打薺もしどろもどろ哉芭蕉(『芭蕉全発句集』角川ソフィア文庫)…

  5. 春や昔十五万石の城下哉 正岡子規【季語=春(春)】

    春や昔十五万石の城下哉)正岡子規)季語は「春」。『寒山落木…

おすすめ記事

  1. 結構違ふよ団栗の背くらべ 小林貴子【季語=団栗(秋)】
  2. 【冬の季語】冬帽
  3. 遊女屋のあな高座敷星まつり 中村汀女【季語=星まつり(秋)】
  4. 「パリ子育て俳句さんぽ」【10月23日配信分】
  5. 【秋の季語】秋の空

Pickup記事

  1. 杜鵑草遠流は恋の咎として 谷中隆子【季語=杜鵑草(秋)】
  2. 【冬の季語】納豆
  3. 水底を涼しき風のわたるなり 会津八一【季語=涼し(夏)】
  4. 【夏の季語】茅の輪
  5. 【春の季語】桜
PAGE TOP