啓蟄

  1. 【春の季語】三月

    【春の季語=仲春(3月)】三月 新暦の3月には「啓蟄」(3月5日、6日ごろ)や「春分」(3月20日、21日ごろ)が含まれる。地域によっては「桜」も咲き始め、「蝶」が舞い始め、「蟻」が歩きはじめ、いよ…

  2. 【春の季語】雨水

    【春の季語=初春(2月)】雨水「立春」を1番目とする二十四節気における2番…

  3. 【春の季語】蟻穴を出づ

    【春の季語=仲春(3月)】蟻穴を出づ「啓蟄」のころに地中に籠ってい…

  4. 【春の季語】啓蟄

    【春の季語=仲春(3月)】啓蟄「立春」を1番目とする二十四節気における3番…

  5. 【春の季語】春分

    【春の季語=仲春(3月)】春分 春の半ばと書くとおり、「立春」と「…

おすすめ記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第66回】阪西敦子
  2. 「パリ子育て俳句さんぽ」【11月13日配信分】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第58回】守屋明俊
  4. 【春の季語】雨水
  5. つゆくさをちりばめここにねむりなさい 冬野虹【季語=露草 (秋)】

Pickup記事

  1. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年9月分】
  2. 【春の季語】春寒
  3. 血を血で洗ふ絨毯の吸へる血は 中原道夫【季語=絨毯(冬)】
  4. 赤んぼころがり昼寝の漁婦に試射砲音 古沢太穂【季語=昼寝(夏)】
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第21回】玄界灘と伊藤通明
PAGE TOP