垂れる

  1. 唐太の天ぞ垂れたり鰊群来 山口誓子【季語=鰊(春)】 

    唐太の天ぞ垂れたり鰊群来)(山口誓子山口誓子の第一句集『凍港』より。誓子は、1912年に祖父に迎えられ樺太に移住し、豊原尋常高等小学校に転入、1914年に庁立大泊中学校に入学、1917年まで…

  2. つきの光に花梨が青く垂れてゐる。ずるいなあ先に時が満ちてて 岡井隆

    つきの光に花梨が青く垂れてゐる。ずるいなあ 先に時が満ちてて岡井隆…

  3. 葡萄垂れとしよりの日のつどひ見ゆ 大野林火【季語=葡萄(秋)】

    葡萄垂れとしよりの日のつどひ見ゆ大野林火昨日、9月20日は…

  4. はなびらの垂れて静かや花菖蒲 高浜虚子【季語=花菖蒲(夏)】

    はなびらの垂れて静かや花菖蒲 高浜虚子一幅の日本画のように…

おすすめ記事

  1. 鳥の恋漣の生れ続けたる 中田尚子【季語=鳥の恋(春)】
  2. 【冬の季語】年惜む
  3. あれは伊予こちらは備後春の風 武田物外【季語=春の風(春)】
  4. 【春の季語】永き日
  5. 棕梠の葉に高き雨垂れ青峰忌 秋元不死男【季語=青峰忌(夏)】

Pickup記事

  1. 息触れて初夢ふたつ響きあふ 正木ゆう子【季語=初夢(新年)】
  2. 菜の花や月は東に日は西に 与謝蕪村【季語=菜の花(春)】
  3. 【春の季語】沙翁忌
  4. しばれるとぼつそりニッカウィスキー 依田明倫【季語=しばれる(冬)】
  5. 【冬の季語】室の花
PAGE TOP