1. 雪兎なんぼつくれば声通る 飯島晴子【季語=雪兎(冬)】

    雪兎なんぼつくれば声通る)飯島晴子また雪兎であるが、お付き合いいただきたい。晴子にとっての雪兎の原風景は、御室に住んでいたころ、縁側で作った雪兎だそうだ。「私が雪兎の実物を見たのはこの時一度きりであ…

  2. 薔薇の芽や温めておくティーカップ 大西朋【季語=薔薇の芽(春)】

    薔薇の芽や温めておくティーカップ)大西朋 道具は長い年月を…

  3. 男衆の聲弾み雪囲ひ解く 入船亭扇辰【季語=雪囲解く(春)】

    男衆の聲弾み雪囲ひ解く)入船亭扇辰 新潟には行ったことがな…

  4. なく声の大いなるかな汗疹の児 高浜虚子【季語=汗疹(夏)】

    なく声の大いなるかな汗疹の児)高浜虚子 父は78歳でこの世…

  5. あっ、ビデオになってた、って君の声の短い動画だ、海の 千種創一

    あっ、ビデオになってた、って君の声の短い動画だ、海の千種創一…

  6. 海くれて鴨のこゑほのかに白し 芭蕉【季語=鴨(冬)】

おすすめ記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第2回】小滝肇
  2. あきざくら咽喉に穴あく情死かな 宇多喜代子【季語=あきざくら(秋)】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第102回】小泉信一
  4. 葡萄垂れとしよりの日のつどひ見ゆ 大野林火【季語=葡萄(秋)】
  5. 冬ざれや父の時計を巻き戻し 井越芳子【季語=冬ざれ(冬)】

Pickup記事

  1. ときじくのいかづち鳴つて冷やかに 岸本尚毅【季語=冷やか(秋)】
  2. 【新年の季語】門の松
  3. 【連載】歳時記のトリセツ(8)/池田澄子さん
  4. 指は一粒回してはづす夜の葡萄 上田信治【季語=葡萄(秋)】
  5. 【新年の季語】包丁始(庖丁始)
PAGE TOP