夏目漱石

  1. 【冬の季語】漱石忌

    【冬の季語=仲冬(12月)】漱石忌【ミニ解説】小説家・英文学者の夏目漱石(1867~1916年)の忌日は、12月9日。大学時代、子規と出会って、俳句を学びました。『草枕』は「俳句的小説」として有名。…

  2. 朝貌や惚れた女も二三日 夏目漱石【季語=朝貌(秋)】

    朝貌や惚れた女も二三日夏目漱石 (『漱石俳句集』) 近所の…

  3. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第10回】

    【第10回(最終回)】「さび」しくなって心を見つめる武将の処世と茶…

  4. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第9回】

    【第9回】茶の旬「新」茶という言霊白き花活けて新茶の客を…

  5. 秋の川真白な石を拾ひけり 夏目漱石【季語=秋の川(秋)】

    秋の川真白な石を拾ひけり)夏目漱石「秋の川で真っ白な石を拾…

  6. 水鳥の夕日に染まるとき鳴けり 林原耒井【季語=水鳥(冬)】

おすすめ記事

  1. シゴハイ【第1回】平山雄一(音楽評論家)
  2. 忘年会みんなで逃がす青い鳥 塩見恵介【季語=忘年会(冬)】
  3. 【冬の季語】聖樹
  4. 止まり木に鳥の一日ヒヤシンス  津川絵理子【季語=ヒヤシンス(春)】
  5. 【#26-4】愛媛県南予地方と宇和島の牛鬼(4)

Pickup記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第42回】 山中湖と深見けん二
  2. 【冬の季語】南天の実
  3. 【冬の季語】古暦
  4. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第4回】
  5. 【本の紹介】仏の道は句に通ず──山折哲雄『勿体なや祖師は紙衣の九十年』(中央公論新社、2017年)
PAGE TOP