夜長

  1. 【春の季語】永き日

    【春の季語=三春(2月〜4月)】永き日「日永」のこと。「永日」とも。【永き日(上五)】永き日のにはとり柵を越えにけり 芝不器男永き日や相触れし手は触れしまま 日野草城永き…

  2. 【春の季語】日永

    【春の季語=三春(2月〜4月)】日永晩冬には「日脚伸ぶ」という季語…

  3. 一瞬で耳かきを吸う掃除機を見てしまってからの長い夜 公木正

    一瞬で耳かきを吸う掃除機を見てしまってからの長い夜公木正「…

  4. 【#16】秋の夜長の漢詩、古琴

    【連載】趣味と写真と、ときどき俳句と【#16】秋の夜長の漢詩、古琴…

  5. 【秋の季語】夜長/長き夜(よ) 夜の長し 夜長人 夜長酒

    【秋の季語=三秋(8〜10月)】夜長/長き夜【解説】「秋の夜長」とは、お決まりのフ…

おすすめ記事

  1. 【新年の季語】七種(七草)【節句】
  2. 【秋の季語】銀漢
  3. 「野崎海芋のたべる歳時記」ゼブラのガトー
  4. 海の日の海より月の上りけり 片山由美子【季語=海の日(夏)】
  5. 筍にくらき畳の敷かれあり 飯島晴子【季語=筍(夏)】

Pickup記事

  1. 埋火もきゆやなみだの烹る音 芭蕉【季語=埋火(冬)】
  2. 虚仮の世に虚仮のかほ寄せ初句会 飴山實【季語=初句会(新年)】
  3. 東京に居るとの噂冴え返る 佐藤漾人【季語=冴え返る(春)】
  4. 【#42】愛媛新聞の連載エッセイ「四季録」で学んだ実感
  5. 家濡れて重たくなりぬ花辛夷 森賀まり【季語=花辛夷(春)】 
PAGE TOP