夜長

  1. 【春の季語】永き日

    【春の季語=三春(2月〜4月)】永き日「日永」のこと。「永日」とも。【永き日(上五)】永き日のにはとり柵を越えにけり 芝不器男永き日や相触れし手は触れしまま 日野草城永き…

  2. 【春の季語】日永

    【春の季語=三春(2月〜4月)】日永晩冬には「日脚伸ぶ」という季語…

  3. 一瞬で耳かきを吸う掃除機を見てしまってからの長い夜 公木正

    一瞬で耳かきを吸う掃除機を見てしまってからの長い夜公木正「…

  4. 【#16】秋の夜長の漢詩、古琴

    【連載】趣味と写真と、ときどき俳句と【#16】秋の夜長の漢詩、古琴…

  5. 【秋の季語】夜長/長き夜(よ) 夜の長し 夜長人 夜長酒

    【秋の季語=三秋(8〜10月)】夜長/長き夜【解説】「秋の夜長」とは、お決まりのフ…

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】暮早し
  2. 【#41】真夏の個人的な過ごし方
  3. 向日葵をつよく彩る色は黒 京極杞陽【季語=向日葵(夏)】
  4. 瑠璃蜥蜴紫電一閃盧舎那仏 堀本裕樹【季語=瑠璃蜥蜴(夏)】
  5. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#12】愛媛のご当地菓子

Pickup記事

  1. 水飲んで眼の渇く鶏頭花 柘植史子【季語=鶏頭(秋)】
  2. 【秋の季語】山椒の実
  3. 郭公や何処までゆかば人に逢はむ 臼田亜浪【季語=郭公(夏)】
  4. 鯛の眼の高慢主婦を黙らせる 殿村菟絲子
  5. 木琴のきこゆる風も罌粟畠 岩田潔【季語=罌粟(夏)】
PAGE TOP