富澤赤黄男

  1. 赤い月にんげんしろき足そらす 富澤赤黄男【季語=月(秋)】

    赤い月にんげんしろき足そらす富澤赤黄男(『魚の骨』) 〈宙に浮く左の脚にキスされたことを死ぬまで覚えていよう 笹岡理絵〉。この歌に出逢ったのは、16年前のこと。『新世紀青春歌人アンソロジー 太陽の舟…

  2. 稻光 碎カレシモノ ヒシメキアイ 富澤赤黄男【季語=稲光(秋)】

    稻光 碎カレシモノ ヒシメキアイ)富澤赤黄男稲光という閃光…

おすすめ記事

  1. 街坂に雁見て息をゆたかにす 福永耕二【季語=雁(秋)】
  2. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年3月分】
  3. 【冬の季語】蒲団(布団)
  4. 【秋の季語】天の川
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第24回】近恵

Pickup記事

  1. 【秋の季語】長薯/薯蕷
  2. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【番外編】
  3. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【10】/辻本芙紗(「銀漢」同人)
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【番外―4】 奥武蔵・山毛欅峠と石田波郷
  5. さしあたり坐つてゐるか鵆見て 飯島晴子【季語=鵆(冬)】 
PAGE TOP